よくある質問

車の中で最も安全な席はどれですか。

一般的に、子どもが車の中で最も安全な場所は、後部座席、できれば中央です。 しかし、ほとんどの車は中央席は完全に形成されたシートで設計されていない、十分なスペースがない、3点式シートベルトで構成されていないなどの理由から、CYBEXでは日本の場合、運転席の後の席が一番安全だとお勧めしています。この位置では、事故の際に最適な保護を受けます。

トップテザーとは何ですか?

トップテザーは、車内のさまざまな位置(通常は車のシートの上部または後部座席の後ろ)に配置され、チャイルドシートの後部にある追加のベルトに使用される固定ポイントです。トップテザーシステムは法律で義務付けられていないため、すべてのシートにこのシステムが装備されているわけではありません。 しかし、チャイルドシートの上部にある追加のベルトは、正面衝突時のシートの前方への移動を減らし、事故の際の安全性を高めます。したがって、トップテザーシステムは、特に様々な自動車メーカーからのより新しい自動車シートモデルにおいて頻繁に使用されています。

チャイルドシートとエアバッグについて教えてください

エアバッグは、運転をさらに安全にするために開発され、特に(当初は)大人向けに設計されています。

エアバッグをOFFにせずにベビーシートを助手席に乗せると、赤ちゃんは非常に危険にさらされます。 したがって、チャイルドシートやベビーシートは後部座席に取り付ける必要があります。無意識のうちにエアバッグをONにしてしまうと、お子さまをかなり大きな危険にさらされます。これは、エアバッグの影響を受けると、お子さまが頭や首に重傷を負う可能性があるためです。 (オレゴン州ポートランド大学のCraig Newgardは、この危険性がどれほど大きいかを調べました。助手席に重大なけがをする危険性は後部座席よりほぼ3倍高いが、ONになっているエアバッグはその6倍高い。 彼は8年間の調査で、助手席に座っていた1ヶ月から18歳までの子供が関わる3,790件の事故を分析しました。)

あなたの車のフロントとサイドのエアバッグがOFFにできるかどうかは、完全に自動車メーカーによって提供される仕様に依存します。その自動車メーカーがエアバッグOFFが可能であると述べているならば、フロントとサイドのエアバッグは確かにそれ以上の心配なしにOFFのままにすることができます。 この場合、サイドエアバッグが作動していても、チャイルドシートの取扱説明書に従ってL.S.P.システムを常に使用することが重要です。

当ウェブサイトではcookies(クッキー)を使用しています。本サイトを引き続き使用する場合、cookiesの使用に同意したことになります。 さらに詳しく