独立したテスト機関

子どもの安全に妥協はしない

世界中の両親は全く違いますが、共通点がひとつあります。それは、子どもの安全に対する思いです。こと車に関しては、安全に対する妥協は選択肢にありません。

現在チャイルドシートの安全基準 は、R44/とヨーロッパにおけるより高い安全性のためにUNECE (国際連合欧州経済委員会)によって開発された新しい基準R129が並行して採用されています。

この法的要件に適合するのに加え、ADAC(ドイツ自動車連盟、会員2000万人、ADACの試験はヨーロッパで最も重要)やSTIFTUNG WARENTEST(ドイツ大手消費者試験期間)などの独立した試験機関によって評価されます。
これらで高い評価を受けるには、安全性を高め続ける必要があります。

次の段落で、さまざまなテストおよび独立したテスト組織に関する詳細情報をご紹介します。

どういうテストを行っていますか?

チャイルドシートのテストは、さまざまなモビリティクラブと消費者保護組織(ADAC、ÖAMTC、TCS、Stiftung Warentest)のコンソーシアムによって年に1、2回実施されます。モビリティクラブと消費者保護団体がテスト結果を公開します。 ADACは、正面衝突および側面衝突で各グループのカーシートと幼児用カーシートをテストします。正面衝突は64 km / hの車の正面衝突事故をシミュレートし、側面衝突は50 km / hの車の側面衝突事故をシミュレートします。各カテゴリに応じたサイズのダミーを使用し、年齢や体重別に事故の影響を可能な限り正確にシミュレートします。

衝突試験に加えて、誤用の可能性、取り扱い、人間工学に基づいた設計、洗浄特性、出来映え、有害物質の存在に関して、チャイルドシートの安全性を評価するためのさらなる試験が実施されます。チャイルドシートは、実際の子どもと親との日常使用でもテストされています。

例えば、 ADACテストは規制の要件よりもはるかに厳しい要件が常に求められるため、テスト項目やクリア基準は常に更新されています。2011年には、自動車の座席に含まれる有害物質のテストが実施されるようになり、座席とチャイルドシートの安全性を高めるために大きく貢献しました。

ADAC ドイツ自動車連盟

ドイツ最大の自動車連盟

ADAC(ドイツ自動車連盟)は、ドイツ最大かつ世界最大の協会の1つであり、会員数はおよそ2,000万人です。 発行部数1370万部の月刊誌「ADAC Motorwelt」はヨーロッパで最も読まれている雑誌です。 ADACテストは、ヨーロッパで子どものカーシートにおける最も重要なテストです。 年に1、2回ADACは角グループのカーシートを正面衝突と側面衝突の衝突でシミュレーションテストします。正面は64 km / hの自動車正面衝突事故をシミュレートし、側面は50 km / hの自動車側面衝突事故をシミュレートしています。各カテゴリに応じたサイズのダミーを使用し、年齢や体重別に事故の影響を可能な限り正確にシミュレートします。ランク付けは、ドイツの学校の採点システム、「Sehr gut」(非常に良い)、「gut」(良い)、「befriedigend」(満足できる)に従います。

Stiftung Warentest (大手消費者試験機関)

Stiftung Warentestはドイツの大手消費者試験機関であり、ヨーロッパのテストリーダーであると考えられています。 1964年に設立されたStiftung Warentestは広告を一切受け入れず、その独立性を保証するために部分的に公的資金を受けています。

ドイツで開発された方法論に基づいて、Stiftung Warentestは、毎日の生活のほぼすべての分野をカバーして、年間150以上の比較製品とサービスのテストを実施します。 現在までに、 創業以来10万点の製品が分析されてきました。

全体的な結果はドイツの学校の採点システムに従います

1.0〜1.5: "sehr gut"(とても良い)
1.6-2.5:"gut"(良い)
2.6-3.5: "befriedigend"(満足できる)
3.6-4.5: "ausreichend"(最低限)
4.6-5.5: "mangelhaft"(貧弱)

全体的なテストは次の基準に基づいて行われます:安全性、取扱い、人間工学そして有害物質。 Stiftung Warentestの専門家は特に有害物質に注目しています。したがって、許容可能な限界値およびカテゴリーは常に見直されています。例えば、2011年には、カーシートに含まれる有害物質のテストが実施されました。 それゆえ、この種のテストは、チャイルドシートの安全性を長期にわたって向上させるために重要な貢献をしています。

Touring Club Switzerland (TCS)

スイス大手の自動車連盟

Touring Club Switzerland(TCS)はスイスでも有数の自動車協会です。 非営利団体は自動車、観光、消費者向けアドバイスの分野で活動しており、年間を通じてカーシートを含むさまざまな製品をテストしており、交通安全キャンペーンを積極的に支援しています。このテストに関連する分野は、衝突の際の安全性、取扱いおよび人間工学、有害物質および洗浄、ならびに技量です。TCSは星を授与することによってその推薦を発表します。5つ星は「最高」、4つは「強くお勧め」、3つは「お勧め」を表します。

ÖAMTC

オーストリアの自動車、バイク、ツーリング連盟

The “Österreichischer Automobil-, ドイツのADACの姉妹組織であるオーストリアの自動車、オートバイ、ツーリング連盟は、オーストリアで最大の自動車連盟であり、世界でも7番目に大きいクラブです。ADACと同様に、ÖAMTCは、取扱い、設置、およびミスユースの危険性の観点から、年に1回または2回、カーシートのテストを実施しています。評価は、ドイツの学校の採点システムにも従います: "とても良い"、 "良い"、 "満足できる"、 "最低限"、そして "悪い"。

当ウェブサイトではcookies(クッキー)を使用しています。本サイトを引き続き使用する場合、cookiesの使用に同意したことになります。 さらに詳しく