アメリカのデザイナー、レイとチャールズ・イームズは、機能性と魅力を組み合わせることによって現代的なデザインをクラシックに作成しました。 サイベックスプラチナシリーズのPRIAMおよびMIOSは、彼らの人生の革新的なパワーへのオマージュです。

THE DESIGNERS AND ARCHITECTS RAY & CHARLES EAMES IN THEIR STUDIO

デザイナー・建築家レイ・イームズとチャールズ・イームズ

必要なものを認識--デザインの基本

ドイツのバウハウス活動でデザインは常にイデオロギーと密接でした。言い換えれば、その作品は「形式は宗教に従う」という原則に従いました。 しかし、レイとチャールズ・イームズはいくらか異なるアプローチ:世界をそのままに - そして、それをより良くしました。アメリカのデザインのドリームチームは、第二次世界大戦中に出会いました - 彼は建築家、彼女は芸術家。彼らはアメリカ海軍のために脚の副木、担架、そして航空機部品の設計を始めました。その経験から生まれたのは、限られた手段で達成できること、そして単純な素材から新しい特性や品質をどのように調整するかについての強い好奇心でした。次の数十年で、彼らは美しさと実用性の従来の概念に根本的に挑戦するでしょう、そして彼らの影響は今日まで感じることができます。ベルリン - ミッテ、バルセロナ - グラシア、またはニューヨーク - ウィリアムズバーグには、少なくとも1つのデザインが含まれていないアパートはほとんどありません。

TAKE YOUR PLEASURE SERIOUSLY

定番とは?これはレイ・イームズとチャールズ・イームズの最大のヒットの例で簡単に説明されます。 「イームズプラスチックサイドチェア」は実際にはアームレスト付きの座席を形成するために人体の構造に合わせて成形され、その後ワイヤーベースにネジ止めされたプラスチックの一片です。このシンプルなデザインは、2つのマテリアルを革新的に組み合わせ、プラスチックはチープであるという概念を消しました。一方でメタル構造はスタイリッシュで機能主義な機械化時代への流れでした。さらに、「イームズプラスチックサイドチェア」はさまざまな脚、ベース、カラーバリエーションで何通りもの組み合わせを可能にしました。彼らは「デザインは機能だけではない。そこに楽しさがなければならない。」をモットーとしていました。

THE DETAILS ARE NOT THE DETAILS. THEY MAKE THE DESIGN.

彼らの「ラウンジチェア」はこのモットーの産物でした。レイ・イームズとチャールズ・イームズは、1940年代に合板を3次元曲線に曲げる技術から実験を始めました。1956年にチェアを発売し、デザイナーは今日でもスタンダードになるソリューションを見つけています。イームズのデザインによって表現された独創的なシンプルさ、機能性、美しさに触発されて、CYBEXデザインチームは自身に尋ねました:「彼らが今日生きていたらどうベビーカーを設計する?」その目的は、この2人のデザイナーに彼らの高い審美的で機能的な基準をベビーカーに投影することによって敬意を払うことでした。

The PRIAM and MIOS

イームズのシンプルな美しさにインスパイアされたMIOS

このように、新しいMIOSが生まれました。最高の品質と機能性、そして他に類のない軽さと時代を超越したエレガントなデザインの融合です。レイ・イームズとチャールズ・イームズに対する敬意を表しています。現代の生活の課題に対応したこの高級ベビーカーの開発するにあたり、サイベックスはモットーがあります:「ディテールはただディテールだけではありません。ディテールがデザインを作ります。」

THE EAMES

SPIRIT

レイ・イームズとチャールズ・イームズのSPIPITは広まっています!

機能性、快適さ、そして美学すべてが同調じゃないといけないと誰が言いました?クリエイティブなデザイナーは60年以上前にこの見解を反証し、独創的な単純さ、機能性、そして洗練されたデザイン言語によって定義された古典を生み出しました。

チャールズ・イームズが何十年も前に行った声明は、今日でもなお当てはまります:
»アイコニックな要素が時代を超越したデザインを形作る«

当ウェブサイトではcookies(クッキー)を使用しています。本サイトを引き続き使用する場合、cookiesの使用に同意したことになります。 さらに詳しく