Pallas S-Fix

Product information

  • 長さ:

    430 mm

    幅:

    500 mm

    高さ:

    685 mm

  • 重量:

    10 kg

  • メンテナンス:

    布地部分30℃で洗濯機可

  • What you get:

    本体、インパクトシールド、シートインサート、ISOFIX接続ガイド

  • Engineered and designed in Germany

    Engineered and designed in Germany

  • UN R44/04

     

Manual downloads (English)

適合車種

取り付ける座席の位置をご確認ください

我々は最新のすべての車種について、製品の適合性を広範囲にテストしています。お客様の車種が表示されない場合は、当社のカスタマーサービスセンターへお問い合わせください。それぞれの互換性を確認するには、正規販売店にて装着確認を行うことをお勧めします。ISOFIXロアアンカレッジと車のシートベルトの長さは、同じ製造年であっても変更されている可能性があるため、車種には特に注意する必要があります。

車両メーカーを選ぶ

型式 年式 設置位置
お問い合わせ

FAQ

事故後も継続して同じシートを使っても良いですか?
事故によりジュニアシートのプラスチック部品が目に見えない傷により損傷している可能性があり大変危険です。従ってCYBEXはどの様な事故でもジュニアシートの交換を強くお勧めします。
Q:助手席で使用できますか?
緊急ロック式巻き込み装置」が搭載された3点式シートベルトが装備されたすべての座席で使用することができます。しかしながらサイベックスでは後部座席でしようすることをお薦めしています。これは統計的に助手席における重傷受傷リスクが高いためです。しかしながら、やむおえずフロントエアバッグが搭載されている助手席で使用しなければならない場合は、出来る限り車のシートを後方にスライドさせて使用してください。この場合はシートベルトの引き出し口よりも、チャイルドシートが前方にあることを確認してください。
Q:Group2/3(15-36kg)のシートへ変更したあとに、セーフティクッションを使用してもよいですか?
セーフティクッションはGruop1(9-18kg)でのシートの場合のみ使用できます。Group2/3(15-36kg)のシートへ変更した後は、セーフティクッションを使用しないでください。お子様が18kg超えたときは、Group2/3(15-36kg)のシートへ変更し、車の3点式シートベルトを使用してお子様をシートに拘束します。
Q:子どもがセーフティクッションを窮屈と感じないでしょうか?
セーフティクッションはお子様の成長に合わせてスペースを調節することができます。また車内での服装などはあまり厚着をさせないようにすると、お子様も快適にチャイルドシートに座ることができるでしょう。

当ウェブサイトではcookies(クッキー)を使用しています。本サイトを引き続き使用する場合、cookiesの使用に同意したことになります。 さらに詳しく