Pallas G I-Size

お子さまの成長に寄り添う安全性

CYBEXパラスシリーズは、お子さまの安全を守るため長い間選ばれてきました。 過去受賞歴を持つPallasのシリーズから新しく登場する「Pallas G i-Size」には、長年の研究に基づいた革新的な機能を搭載しており、安全性をさらに高めることができました。今回採用したインパクトシールドは、安全性と使いやすさをさらに向上させミスユースを防ぎ、首の怪我のリスクを40%削減します。お子さまと一緒に成長するチャイルドシートで、10年以上の快適さと安全性を提供します。

Pallas G i-Size:お子さまの成長に合わせて変化し、いつでもあなたの愛する人を守ります。

Pallas G 紹介ムービー

Pallas G i-Size

子供の成長に合わせた安全性

Specifications

UN R129/03 i-Size

身長

76 - 150 cm

適応体重

9 - 50 kg

参考年齢

生後15ヶ月頃から12歳頃まで

適合車種

ご利用の車に取付けが可能かどうかをご確認ください。

ここをクリック
Pallas G i-Size Soho Grey Pallas G i-Size Deep Black Pallas G i-Size Autumn Gold

製品特徴

ここではPallas G i-Sizeの機能や、安全性についての説明をします。
なぜ安全性が高いのか、なぜ10年近い長い期間お子さまの安全を守ることができるのかがわかります。

首への衝撃を40%軽減

一般的な前向き乗車のジュニアシートで用いられる、5点式ハーネスタイプとは異なる「インパクトシールド」システムを採用。​
正面衝突時のお子さまの首への衝撃を40%軽減します。​
お子さまへの衝撃は広く・大きなインパクトシールドの上を、エアバッグで受け止められるように分散し、首への負担を軽減し​頭部全体を保護します。

約10年使えるロングユース

お子さまと一緒に成長をする2-in-1シート。​
お子さまが21kgになるまでインパクトシールドで​しっかりと保護します。​
大きくなったらシールドを外して、車のシートベルトを使用して乗り降りも簡単に。​
身長150cm(約12歳頃)まで安全にロングユースできます。

簡単な取り付けでミスユースを防ぐ

PALLAS G i-SIZEのインパクトシールドは​たった2ヶ所のバックルをお子さまの前で留めるだけで取付けができます。​
調査によると、インパクトシールドはハーネス利用よりエラーが少ないというデータ*もあるため、インパクトシールドの利用は安全性に寄与しています。
前後の奥行きも簡単に調節ができ、​お子さまの成長に常にベストな状態で装着可能。​
短い時間での装着で、ミスユースを防ぎます。

*機能詳細ページをご覧ください

FAQs

ISOFIXコネクタのないチャイルドシートにISOFIXシステムを取り付けることはできますか?

ISOFIXシステムのない車はご利用できません。チャイルドシートを適合させるための改造などはおやめください。

チャイルドシートを安全に使うために、子供の服装など気をつけたほうがいいことはありますか?

衣服に厚みがあると、ハーネス/車両ベルトまたは衝撃シールドが子供の体にしっかり装着させるのが難しくなります。正しく装着することで、機能を最大限活かした安全性が提供可能です。このため、冬のジャケット・フード付きの衣類(パーカーなど)・帽子など、可能な限り避ける必要があります。寒さが気になる場合は、チャイルドシートを装着後、上からブランケットなどかけていただくことを推奨します。

サイドエアバッグが作動しているときでもチャイルドシートを使用できますか?

チャイルドシートを使用しているときはサイドエアバッグを作動させたままにすることができます。

両サイドインパクトプロテクター(L.S.P.)を取り付ける必要がありますか?

リニアサイドインパクトプロテクション(L.S.P.)は、側面衝突の力を軽減し、怪我のリスクを軽減します。できる限りチャイルドシートの両側にL.S.Pをインストールすることをお勧めします。ただし、L.S.Pを設置するのに十分なスペースがない場合車両の中央に最も近い、それは絶対に不可欠ではありません。安全上の理由から、L.S.P。最寄りのドアは常に設置されています。

ヘッドレストの調整で気をつけることはありますか?

お子さまの肩とヘッドレストの隙間が2センチを超えないように調整してください。
高さはさまざまな位置で調整できます。

横向きでチャイルドシートをつけることができますか?

横向きでご利用いただくことはできません。

飛行機の機内で使うことはできますか?

飛行機の機内でお使いいただくことはできません。

ISOFIX・アンカーポイントほ付けずに使用することはできますか?

できません。必ず適合車種でご利用ください。
ただし、車両ベルトモード(子供の身長100〜150 cm)でのみ、SOFIXおよびトップテザーなしでも使用できます。

背面付きブースターシートと、座面のみのブースターシートの効果は違いますか?

座面のみのブースターシートと比べ、背面付きブースターシートは怪我のリスクを大幅に軽減します。ブースターシートだけでは、側面からの衝撃を防ぐことができません。背面付きのものは、側面衝突の際に子供を怪我から保護する側面保護が装備されています。さらに、お子さまの身長に合わせて調整できるショルダーベルトルーティングが含まれているため、お子様の安全性がさらに向上します。

チャイルドシートの背もたれが動くのは正常ですか?

はい、柔軟性も持たせた作りになっています。
それにより、車両シートにも完全に適合できます。また事故が発生した場合、背もたれはお子さまと一緒に少し前に動くことで、素早くで全身を守ります。

事故に遭った後も同じチャイルドシートを使うことができますか?

事故後はどんな状態でも、新しいチャイルドシートをお使いください。一見傷がないように見えても、プラスチック部分に損傷が発生していることもあり、事故時のリスクを軽減することができません。

チャイルドシートが故障してしまいました。修理方法を教えてください。

購入店もしくはカスタマーサポートまでご連絡ください。

交換用の部品はどこで手にれることができますか?

カスタマーサポートへご連絡ください。

チャイルドシートを取り付ける時、気をつけることはありすか?

購入前に、必ず車種適合の確認をお願いします。 i-Sizeチャイルドシートを取り付けるには、互換性のある車でないと取り付けができません。 車種適合はサイベックスホームページからも確認いただけます他社商品と部品を繋げて使うことや、同じサイベックス商品でもブースター、背もたれ、またはヘッドレストとなど分解して組み合わせることはおやめください。チャイルドシートは、自動3点式車両ベルトを装備した車両シートでのみ使用できます。お子さまを守るため、適切な使用方法をユーザーガイドの指示に従って確認・ご利用ください。

子供がチャイルドシートから抜け出そうとします。何かアドバイスはありませんか?

お子さまが正しい位置で固定され、積極的にチャイルドシートから離れようとしない場合にのみ、安全にご利用いただけます。よくあるトラブルとして、ベルトのバックルが開く、ハーネスで固定されたチャイルドシートのショルダーベルトが下がる、インパクトシールドから身をよじって抜け出そうとする、などです。
-インパクトシールドをお子さまの体にしっかりと固定してください。
-ショルダーベルトを引いてラップベルトを締めます。その後、ショルダーベルトをベルトルーティングに挿入してください。
厚みのある衣類は衝撃吸収機能を弱めるので、チャイルドシート利用時の服装にはご留意下さい。
どうしてもお子さまが身をよじって抜け出そうとする場合は、安全な場所で車両を停止し、チャイルドシートにとどまる重要性をお子さまに説明してください。きとんと座っていないと、車でのお出かけができないことをお伝えください。

ヘッドレストの位置はどのように設計されているのですか?

特許取得済みのリクライニングヘッドレストは、受動的に安全を確保できる機能になります。お子さまが起きているときは、ヘッドレストのリクライニング角度を直立位置に設定することができます。眠っているときには、ヘッドレストの角度をリクライニング位置に設定することができます。これにより、眠っている間でも、事故の際頭部が前傾して怪我をすることを防ぎます。

インパクトシールドを外し、シートベルト固定で使うにはどうしたらいいですか?

インパクトシールドを取り外すだけで、シートベルト固定でのご利用が可能です。お子さまの身長が100cm以上になってからご利用ください。必須ではありませんが、より安全にご利用おいただくためお子さまの身長が105cmに達するまで、インパクトシールド付きのパラスチャイルドシートを引き続き使用できます。ただし、お子さまが21 kgになりましたら、インパクトシールドを取り外してご利用ください。

Pallasシリーズで子供が眠っている時のポジション調整は可能ですか?

片手で簡単に調整できる機能がついており、
お子さまにとってより快適な位置に調整できます。パラスをリクライニングするために、車のベルトシステムを開いたり、子供を座席から降ろしたりする必要はありません。シートの前面に設置されたレバーを活用します。お子さまが乗った状態でハンドルを引くだけでシートが自動的に下にスライドします。

助手席での利用は可能ですか?

統計的に助手席にチャイルドシートを設置した場合お子さまが怪我をするリスクが高くなる傾向にあります。このため後部座席での利用をお勧めします。統計的に、助手席にチャイルドシートを取り付けると、子供が怪我をするリスクが高くなります。ただし、例外的に、チャイルドシートは助手席にも使用できます。次の点に注意してください。車にエアバッグが装備されている場合は、助手席をできるだけ後ろに置きます。 3点式車両ベルトの上部ベルトポイントが常にカーシートのベルトルーティングの後ろにあることを確認してください。これにより、ベルトは前方ではなく後方に走ります。

インパクトシールドを使うことで、子供が窮屈に感じませんか?

インパクトシールドは剛性がなく、成長に合わせて調整できるの、自由に動くことができ、最高の保護を与えるように調整することができます。しかし、衣類の厚みに応じて調整する必要はあります。

長期間使えるのはメリットですが、部品の摩耗などないのでしょうか?

高品質で非常に耐老化性のあるプラスチックとファブリックを使用して、摩耗を防いでいるため Pallas Gi-Sizeチャイルドシートは10年以上使用できます。
しかし、永続的なものではないので、所定の使用期間を超えて使用しないことを強くお勧めします。

他のパラスシリーズの利用を考えています。インパクトシールドはありませんが、どうしたらいいですか?

他のモデルもご利用いただけますが、お子さまのサイズと体重によって選ぶものが異なってきます。詳細については、パラスチャイルドシートのユーザーマニュアルを参照してください。

カップホルダーの付け方を教えてください。

カップホルダーは、カーシートの両側にあるシェルのスロットにスライドさせることで、簡単に取り付けることができます。スロットの位置は、カップホルダーの記号の記載がある箇所を探して下さい。

i-Size規格(UN R129)とは一体なんでしょうか?

i-Sizeは、カーシートのヨーロッパ標準です。特に乳児期は子供の年齢が15か月を超えるまで後ろ向きの姿勢で移動する必要があり、側面衝撃保護がテストされることを指定しています。 i-Sizeの詳細については、https://cybex-online.com/safety-regulationsにアクセスしてください。

テザーアンカーとはなんですか?

トップテザーはチャイルドシートの上部アンカーポイントとして機能し、通常は座席背面のトランク側に設置されています。これにより、チャイルドシートがさらに安定し、事故が発生した場合にチャイルドシートが回転するのを防ぎます。カーシートをインパクトシールド付きで使用する場合はトップテザーを使用する必要があります。それ以外の場合はトップテザー利用はマストではありません。