なぜISOFIXなのか?

ISOFIXとは?

ISOFIXとは、国際標準化機構(ISO)が定めた新しいチャイルドシートの固定方法です。 従来の3点式シートベルを使用したチャイルドシートの固定方法とは異なり、車に装備されたISOFIX取り付け金具(ロアアンカレッジ)にチャイルドシートのISOFIXコネクタを直接接続して固定する次世代の固定方法です。 ISOFIX取り付け金具は後部座席のバックレストと座面の間に装備されています。

なぜISOFIXが必要とされているのか?

どんなに安全性に優れたチャイルドシートでも、正しく車に装着していなければ、万が一の際にチャイルドシートの安全性能の発揮する事はできません。しかしながら、 チャイルドシート使用状況調査*によるとチャイルドシートの取り付けミスは60%以上にも及んでいます。

チャイルドシートは正しく装着されてこそ性能を発揮するもの。「誰でも正確に装着できること」は、チャイルドシート選びの重要なポイントになります。

ISOFIX固定システムは、シンプルで分かりやすい取り付け方法で、簡単・確実にチャイルドシートを車に固定ができ、ミスユースを防ぎます。 また、車台に直接接続することにより、車本来の衝突安全性能を最大限に活用できます。 既にチャイルドシート先進国である欧州では、より安全性の高いISOFIX対応のチャイルドシートが主流となっています。国内においても欧州の規格を採用し、2012年7月以降に生産された車**には「ISOFIX取り付け金具」の標準装備が義務化され、次世代のチャイルドシートとして注目を浴びています。

*2013年警察庁/日本自動車連盟(JAF) のチャイルドシート使用状況全国 調査より **2012年7月以前に発売された車にも、ISOFIXを標準装備した車もございます。詳しくは車種別適合表にてご確認ください。